悔しい想い


f:id:rock-twin-ray:20201016083909j:image
ロックです。

 

ツインレイというものがあると知って一年

 

ツインレイの事で打ちのめされるのは、

 

相手との能力差

 

それがひなりさんとの場合はとんでもなくある。

 

ひなりさんは世界のトップ2%の頭脳の持ち主の集まりのメンサに名を連ねていたこともある。

 

かたや

ロックの場合は

ADHDな上に一般的な生活に必要な素養がほぼない状態。

 

どうしたら良いかの答えはわかってるつもり。

 

だけども、うまく行かないことは多いです。

 

 

 

自分は生まれたてのAIのアンドロイドのようなもので

「思いやり」という部分が欠けている。

いや、素直にプログラミングできるアンドロイドよりも質が悪い出来損ないのようにも思う。

 

 

自分がしてきたことというのは、それをするとやりたいことが叶うからしてきただけのことで、

相手のことを考えてなく、

我を通すこと、我良しというものに過ぎなかった。

 

これは、ひなりさんにこの5ヶ月コテンパンにされてること。

 

この事実を受け入れること。

 

そして、欠けているなら尚のこと、

「思いやり」

というものを納得して徹底的に自分にプログラミングすることなんだと思う。

 

 

昨日は夕方、帰宅するとひなりさんがキャスをして自分のことを話してたみたいで、

感情移入や思い込みの強い自分には、十分動揺する案件。

 

平静を保とうとした行動はすべて裏目に出てしまう。

 

ひなりさんはガチギレ

 

自分はというと、何をしてもうまくできないどうしようもない悔しさと共に

涙が出てくる。

ひなりさんの身体のことを考えたら、そうしてる自分に余計に情けない想いが出てくる。

 

今は帰るところなどない身。

好転させるには

できない事は一つずつ積み上げてやること。

 

これまではまがりなりにも指導者だったから、

我は結果を出した後は通してきた感じ。

 

 

今の課題は、

「思いやり」というものを身にしみる位に体感して、1からその場を乱さずに配慮ができるようになる事。

叶って良しではなくて、叶えたいことは

その叶え方が大事だということを体現すること。

 

一番近いひなりさんのところでそれが出来ないもどかしさは外で仕事場で学習したことを日常生活に落として解消していくしかない。

早く形にしてひなりさんを安心させたい。

 

 

昨夜の勉強キャスでは、事前に構成マップをメモして取り組んでも、頭に次から次へと浮かぶことに右往左往してやろうとするところに、

竜兄さんやFF7したい母さん、アメリさん、しろくま団長さんまきこさん、マチコさん他皆さんが温かく見守ったりアドバイスをいただけたおかげで何とかまとめて今日の仕事でもどうにか出来そうな糸口を見つけることができました。

 

一人で考えても出てこなかった答えです。

 

この皆さんに助けていただいた部分が自分に対する「思いやり」で成り立っているんだとノートに書き出していてとてもよく感じました。

 

この感じた部分を忘れないように、

今日は良い報告キャスが出来る様にしたいものです。