國王神社へ


f:id:rock-twin-ray:20210512070803j:image
あけるです。

 

昨年5月に平将門公の結界縁の神社を回り出して、一年かけてようやく坂東市平将門終焉の地とされる場所にある國王神社へ参拝してきました。

今回は自分単独で行ってきましたがなかなかでした。

 

参道に足を踏み入れ本殿に向かおうとするなり、

ビリビリとした圧を感じました。

それはこれまで参拝プロジェクトで回ってきたどの神社よりも強い圧でした。
f:id:rock-twin-ray:20210511170452j:image

 


f:id:rock-twin-ray:20210512070736j:image

参拝が終わると和らいだ感じ。

気持ちの盛り上がりのビリビリではなく、

外部からのグワーとした圧のかかるビリビリでしたから何ともいえない感覚でした。

 

宮司さんツイッターで見てくれて、感想くれました。

 

帰りの空の雲はこれまたびっくり


f:id:rock-twin-ray:20210512071056j:image

 

左側は鬼の首を取ったかのような様子の雲

その右側にはあれ?妙に漫画チックな二人の姿

 


f:id:rock-twin-ray:20210512071234j:image

よくよく見たら、ひなりさんが奥、手前がヘルメットととマスク被った仕事着の自分

雲には最近よく反映されることが増えてきている印象です。

 

参拝プロジェクトでは目に見せられることが多いのが良いところ。

その数が積み重なれば説得力も上がります。

菅原道真編から始まり平将門編もそろそろ静岡方面からの京都に行くことで崇神天皇編に移る予感もあり。

 

陰陽道の陽を司ってきた一族の、祟りと怖れられている魂を浄化する旅はまだまだ続きます。