引っ越しの朝

あけるです。

 

昨日は思いがけずドライブになり、

今朝は改めて引っ越しの準備

 

同居人にも再度のご挨拶。

 

週明けからは新しい仕事。

丁度一年前この町に来た日と同じように新しい場所へ移動します。

 

4月になると収入も安定して行動範囲も広げられる。

 

今回は福利厚生もあるし、やっと車も持てそうだ。

各種保険も入り直す。

2年間停滞してた自分の生活を立て直す。

 

そして、仕事と並行していよいよ世界に向けて出ていく具体的な準備に取り掛かる。

 

土木現場監督に聞いた話

今の日本で昔からの方法で日本の中でお金が回ってるのは建設と土木関係だそうだ。

基準や文書を細かくしてるのは外国参入を食い止め日本の国体を少しでも守ろうとする現れでもあるそう。

 

日本に長くいる中国の方のリアルな話も聞いた。

令和という日本人が作った年号を中国の人たちは興味を持ってみているという。

表に出てる歴史上日本人が自分たちの歴史の中で

中国からの引用なく万葉集などから作ったものだからだそう。

 

日本人よりも勉強してる人たちがいるということ。

 

日本人であるなら海外の人達に聞かれたときに文化のことくらいはわかって説明はできるようにしておきたい。

 

バランスを取りながら突き抜けることに全力を注ぐ。

頑張るぞと誓う。

 

そんな引っ越しの朝でした。